長時間の運転が多い方はと意識しないうちに座りやすい位置を見つけその姿勢を維持しすぎます。

 
基本的に肘をつきやすくしてある車両が多く肘をついている方向に身体を傾ける姿勢を維持しています。
この姿勢により片方の股関節の筋肉や関節は座り姿勢で固まりやすく柔軟性を失います。

 
身体は柔軟性の低い周辺に柔軟性の高い関節を作り出すことが多く傾いた方向の骨盤や腰に痛みを起こしやすいです。
このようなケースでは股関節の柔軟性と左右の腰、骨盤のバランスを取り戻す調整と座り方の指導により充分に改善が見込めます。

 
■メンテナンスポイント
鏡を見て両足を肩幅の二倍に開きます、身体はまっすぐを保ち、体が回転しないように左右に傾けます。
左右で傾き、柔軟性が違ったり、痛みを感じるときは左右のバランスが崩れている状態です。
早めのメンテナンスをお勧めします。

 

■おすすめのコース

長時間車を運転されたりする方向けのコースです。

長座メンテナンスコース

 

>>クーポン登録することでさらにお得<<