一方への荷重が常にある立ち仕事、ウェイター・ウェイトレスは意識しないうちに肩甲骨の上方へ固定しています。
落としたり、こぼしたりしないように腕は固定し肩で荷重を受け止めるようにいることで片方の肩にに荷重をかけることが多いです。

 
この姿勢により片方の肩甲骨と背骨の間の筋肉と関節の柔軟性を失い、更に荷重がかかる側に倒れないように反対の腰にも筋肉や関節に負担をかけることで側弯症と共通の状態になります。

 
このようなケースでは肩甲骨の柔軟性と左右の首、腰のバランスを取り戻す調整と肩甲骨のトレーニングの指導により充分に改善が見込めます。

 

 

■メンテナンスポイント
鏡を見て肩の高さに違いが分かる、肩の高さを水平にしてし保ちます、顔は鏡の方向に保ち、首が回転しないように首を左右に傾けます。
左右で傾き、柔軟性が違ったり、痛みを感じる、片方の肩が上がってしまうときは左右のバランスが崩れている状態です。
早めのメンテナンスをお勧めします。

 

 

■おすすめのコース

片手に荷重がかかるような職業の方に特化したコースです。

偏荷重腰痛肩こりコース

 

>>クーポン登録することでさらにお得<<